モラハラ夫と離婚したい人に絶対に読んでほしい。辛い生活から抜け出す方法。

モラハラ夫からの支配に30年間耐え、抜け出すまでのエピソードや抜け出す為のお役立ち情報を綴ってます。

食事をゴミ箱へ捨てるモラハラ夫

f:id:getahappylife:20211020060124j:plain

食事をゴミ箱に捨てるモラハラ

 

モラハラ夫には作った食事を何度か捨てられた事があります。

 

何故捨てられたか良く覚えてません、不味かったからではなく怒ってるアピールをするために食事を捨てて嫌がらせをしてたのだと思います。

ゴミ箱へ捨てられる時もあればそのままシンクに投げ込まれてる事もありました。

美味しく食べてほしいと作ったものが捨てられるとても悲しい気持ちでした。

 

モラハラ夫は帰宅してすぐ食事が食べられないと怒り出すので、私はモラハラ夫が帰る時間に合わせてコンロの火をつけます。たまに予想が少し外れたり、モラハラ夫が寄り道したりして帰宅が遅れて何度も温め直すこともあります。食事が少しでも遅れると文句を言うのでこの時間帯は凄く気を張っていました。

 

 

食事に関してはこのような事もありました。

子どもが小さい頃、帰宅したモラハラ夫に夕食を出しました。その頃はまだ私もモラハラの理不尽にな言動に直してもらうように意見を言ったりもしました。

その日はどうしても我慢が出来ず、食事中のモラハラ夫に不満を言ったんです。

 

モラハラ夫は

「食事くらいゆっくりさせろ!」

と怒鳴りながらテーブルごと食事をひっくり返しました。

大きな音で食器は割れダイニングは恐怖に包まれました。

 

私たちは反射的に悲鳴を上げてダイニングの端に走りました。私は赤ちゃんを抱き、小さい子供は怯え何が起こったかすぐに理解できず3人で身を寄せました。

 

モラハラ夫はそのまま2階の部屋へ行き私は泣きながら割れた食器や食事を片付けたのを今でもはっきりと覚えてます。

 

 

こんな事もありました。

朝起きたらテーブルの上のバナナがつぶれてるんです。

何で?と思ってみると、つぶれたバナナ数本に大きなパンチの跡がついてるんです。

モラハラ夫しかいません。

子どもが楽しみにしていたバナナにそんな事するなんて、何故そんな嫌がらせをするのか何故家族に攻撃的なのか理解できず苦しみました。

 

 

日常的に食事を捨てるわけではなかったですが気に入らないと何をするかわからないと言う恐怖を家族はいつも感じてました。

 

別居を強く意識するようになった理由の一つに

私の年老いた母親が病気で手術となり、私は一日かけて病院まで付き添いに行くことになった時の事、モラハラ夫と子供たちの食事は材料を切り火を入れるだけの状態にして私は外出しました。

長女がその材料を使いお昼ご飯を作ってくれました。

 

 

午後次女からLINEが入ります。

 

バイトから帰ったらパパが凄く怒ってるけど…○○が作ったご飯ゴミ箱に捨てたった!と言ってる

 

私は子供達が無事か、モラハラ夫が何かまたするのではないかと心配で心配で仕方がなかったです。母が手術の日にこんなことするなんて…

普段もモラハラ夫がいる休日はモラハラ夫と子供を残して買い物に行くのも心配で仕方ありませんでした。

 

私が帰宅するとモラハラ夫が

「あいつ返事せえへんからご飯捨てたった」と怒ってます。

 

 

 

結局ゴミ箱には長女の作ったご飯と息子のiPadが捨てられてました。

 

長女に話を聞くと長女はモラハラ夫に無視されたと言っていて、長女の言ってる事も理解できる内容でした。

モラハラ夫と長女は普段から上手くいってませんでしたが、モラハラ夫は自分に懐かない長女が気に入らなかっただけなんでしょう。

 

子供にまでこんな嫌がらせをする…私がモラハラ夫との別居を決めた大きな理由の一つです。

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

 

 

 

モラハラ夫の得意な言葉は「俺の稼いだ金や!何が悪い」

f:id:getahappylife:20211018060138j:plain

モラハラ夫 俺の金

 

「俺の稼いだ金や!何が悪い」

モラハラ夫に何度も言われた言葉です。

 

とにかく欲しい物があると手に入るまで常に機嫌が悪くなり、何故か私に対しての無視が始まります。

 

 

ある時は

 

モラハラ夫「明日10万円用意して」

私「何に使うの?そんなお金すぐ用意できない」

モラハラ夫「俺の稼いだ金や!何に使おうと勝手や!」ど怒鳴ります。

 

当時の私の日記には「俺の稼いだ金や!気に入らなかったら子供連れて出ていけと何度も言われた…」と書かれてあります。

 

 

友達や同僚との飲み会、レジャー、旅行にお金を使ってた印象です。

 

ある時期の飲み会では支払いを全てモラハラ夫がしたのか、月10万程のクレジットカード代をモラハラ夫に請求すると「金ない」と言われ家計から仕方なく家計から支払うと言う事が良くありました。

 

私が節約節約で洗濯や洗顔にお風呂の水を使って小さなお金を貯めてもそうやって出ていくので無駄なように感じました。

 

何故モラハラ夫はお酒をおごるのか…ただ単に良い恰好がしたかっただけだと思います。

 

 

また、小さな子供がいても育児を手伝うこともなく週末はモラハラ夫一人レジャーに行きお金を使うことも多かったです。

ただここで一緒に釣りに行こう、スキーに行こうと言われ、只連れて行かれて待たされて小さい子供(赤ちゃんから5歳)が喜ぶわけでもなくそれも負担でしかありませんでした。

モラハラ夫は常に自分中心で家族に安心できる生活を与えたいなど考える様子もありませんでした。

私はブランド品を買うわけでもなく、贅沢するわけでもなく、食事も節約できるように毎日考え小さなお金を無駄にしないように頑張ってもモラハラ夫は正反対でした。

 

 

 

こんな事もありました。

私が3人目の臨月の時はモラハラ夫1人海外旅行に行きました。里帰りしてる私がいつ出産するかわからない臨月の時期にです。当時は2年に一度のペースで会社の子と海外旅行に行ってました。

 

出産を終え実家でお世話になってる時、夜中にFAXが入りました。

母親が「なんかこんなんFAXきたけど…」

手に持ったFAXを見ると、英語で書かれた請求が合計14万程。

モラハラ夫に連絡すると「お金ない」いつもの返事でした。

 

そんな感じでいつもお金が出ていくので当時の貯金が30万弱しかなくここから請求の14万、通帳には十数万の残高しか残らず、生活に凄く不安を抱え新生児と幼児二人を連れ自宅に戻ったのを覚えてます。

 

収入の範囲で遊んでくれることならいいのですがモラハラ夫は自分の事しか考えずお金が思い通りにいかないと「俺の稼いだ金や!使ってなにが悪い」と怒鳴り散らしました。

 

家族が増えると心を入れ替え変わってくれるのでは…小さな期待は全て打ち砕かれました。

 

きつく反論すればよいと思うかもしれません。

最初は私も「それはおかしい」と反論してましたが年がたつにつれて、ひどい仕打ちが私を動けなくしてしまいました。

 

後に私は小さな子供がいても少しでも収入を得ようと色々と挑戦します。

そこから稼ぐという自信も出来、今離婚に踏み切れたんだと思います。

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

モラハラ夫の会社付き合いに同行するが私は会話にも入れてくれない。

f:id:getahappylife:20211010073742j:plain

 

 

モラハラ夫とまだ付き合ってる頃に会社の付き合いに良く連れて行かれました。

会社の上司との飲み会、先輩の家、同僚との親善旅行。今は彼女を連れて会社のイベントに行くなんてあまりないかもしれませんが昔、私の地元では家族ぐるみで会社の付き合いをする。そんな感じでした。

 

そこに私も毎回連れて行かれるのですが、モラハラ夫の態度は上司や同僚に媚びをとり私のことはほったらかしで、私が何か話出しても全くその話題に触れず上司や同僚と自分たちの話を進めるといった感じでした。

周りもモラハラ夫の態度から私には触れない方がよいのかと距離を置くかんじでした。

私も最初は普通にしてたのですがただその場にいるだけ、だんだん無口になっていきました。

 

その時のモラハラ夫は私と二人の時は見せない笑顔で上司や同僚を立てて媚びを売り、同僚が荷物重そうならモラハラ夫は自分の物を私に持たしてまでその同僚の荷物持ちを手伝ってあげる、そんな感じでした。

同僚なのにそこまでする必要ある?と違和感しかありません。

その行為を受け取る同僚も同僚ですが…

 

この人本当に腹を割って話せる友達はいないのかな…そう思ってました。

 

そしてこう言ったイベントの帰りは車に乗った瞬間またいつもの不機嫌なモラハラ夫に変わるんです。

 

一度、同僚との親睦旅行が原因で大喧嘩をしたことがあります。

二泊三日で3組で旅行に行きました。旅行中ずっといつものようにモラハラ夫は私をいないものとして扱います。二人の時以外は話もせずただ時間が過ぎるのを待つ、耐えられず自宅の母に電話しました。「もう、楽しくない、帰りたい」そんな感じでした。

 

でもおかしなことに3組皆彼女の方がほとんど話をしないんですよね。今思えば後の二組も支配された状況だったのでしょうか…同じような人間が集まってたのかもしれません。

 

 

 

また同僚に媚びを売るモラハラ

そして私ついに言ってしまったんです。

言いなりになるモラハラ夫に仕事を言いつける同僚に

「○○さんが行ってきてください」

 

 

同僚「おー、俺が行ってくるわ」

同僚は怒ってる様子。

モラ「なんでお前が俺の職場の人に言うねん」

 

 

職場の人って?職場の問題じゃなくって、人道的におかしなこと言ってる人に反撃しないなんてある?って思いながら当時は若かったので思いつく言葉で言い合いになったと思います。

旅行から帰宅して1週間モラハラ夫と音信不通になりました。最初は悲しかったけど友達にも相談して、週の後半にはもう別れてもいいかなと思えるようになりました。

この時に別れていればよかった。

 

1週間後連絡があり「会いたい」と…

モラ「1週間考えたけど、今は○○しかいないのでまだ別れたくない」

そう言われ別れない事になりました。

 

今思えばいつも受け身な私も悪かったんですね。

嫌な事は嫌ともっと強く言える自分でいたかった。

 

ここからさらに30年間モラハラ夫の支配に耐え苦しむ人生をおくることになるとはその時思いもしませんでした。

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

モラハラ、毒親、子供からの暴力、家族との生活が辛いときは助けてと声を出すことも必要

モラハラ夫と離婚したい人が辛い生活から抜け出すことが出来れば」

そう願い作成したサイトです。幸せへの一歩を踏み出してください。

f:id:getahappylife:20211008081219j:plain

辛いときは相談機関へ相談



家庭内での事はなかなか外には伝わりにくい事があります。

配偶者からの精神的暴力、親からの支配、また子供からの暴力等など違和感を感じ辛いと思いながら我慢するしかないと考え生活してる人もいるのではないでしょうか。

そんな時は「我慢するしかない」「どうせこんな事取るに足らない事」そんな風に思わず一度相談機関に相談してみてください。

 

市区町村では家庭相談やいのちの相談などの相談機関がありますし、学校では命の電話相談のカードが頻繁に配布されてたりします。電話しにくい場合はSNSを使った相談などもありますので「私なんて…」と思わずに辛いと感じたら相談してみてください。

 

電話しても話を聞き、同調するだけで何もしてくれないなんてこともあります。でも諦めずに声を出してください。どこかで救いがあるかもしれません。何かが変わるかもしれません。

我慢しなくていいんです、「助けて」と声を出し続けてください。

 

 

内閣府 DV相談プラス

チャットは進めていくと近くの行政の相談センターを紹介されました。24時間受付で24時間対応ではありません。

 

厚生労働省 電話相談

 

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

離婚調停の申し立てに必要な書類

f:id:getahappylife:20211005085839j:plain

離婚調停の申し立てに必要な書類

私の場合はモラハラ夫との話し合いは相手に押し切られたり暴言を吐かれたりして話にならないと思ったので最初から第三者が入ってくれる調停で話し合おうと決めてました。夫婦間での話し合いが上手くできないばあいは家庭裁判所で話し合いをすることができます。離婚調停で決まった内容は調停調書として書面で残され裁判による判決とほぼ同じ法的効力を持ちます。養育費を支払わない場合などは法的手続きも可能です。

離婚調停は弁護士さんに依頼しなくてもご自身で申し立てすることが出来ます。申し立ては相手方の住民票住所の管轄の家庭裁判所になります。

ここでは私が実際に用意した必要書類や書類の準備方法を紹介したいと思います。

 

 

 

離婚調停の申し立てに必要な書類

 

 

 

夫婦関係等調整調停申立書2通(裁判所用、相手方用)

家庭裁判所のHPからダウンロードすることが可能でしたが管轄の家庭裁判所に出向いて書類一式もらう方が漏れもなく確実で丁寧に書類記載の説明をしてもらいました。

 

 

 

事情説明書1通

事情説明書は、裁判所が調停日までに事情を知るために必要となる書類です。効率よく話し合いが進むように事前に当事者の基本的な情報を知っておくためのものです「離婚することに相手は同意しているのか」「親権はお互いにほしいと言っているのか」「それぞれの収入はどれくらいか」など、調停を進めるうえで必要となる基本的な情報を記載して提出します。

相手に送付されませんが、相手方が見たいと希望した時に裁判所の判断により見せる場合があるようですのでモラハラ夫を刺激しない文章を記載するほうが良さそうです。

 

 

 

子についての事情説明書1通(未成年の子がいる場合)

子どもが親の別居や離婚に関してどのように感じてるか、どのような考えかなど子供に関することを事情説明書で提出します。

 

 

連絡先等の届出書1通

住所についての上申書(送達場所の届出書)です。裁判所からの郵便を受け取るための住所を記載します。

住民票の住所はモラハラ夫と一緒でも別居してる場合に別居先の住所を書かなくてはいけない事もあるかと思いますがモラハラ夫から逃げて来た場合等住所を知られたくない事もあります、その場合は資料非開示の申出書をこの書類にホッチキスで止めて一緒に提出します。(資料非開示申出書を提出しても裁判所の判断により相手方に情報が開示されることがあります)

 

 

 

調停の進行に関する連絡メモ1通

相手方と話し合った事があるか、相手方は申し立てを知ってるか等、調停の進行に関する質問にチェックを入れます。

 

 

 

夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書)1通

3か月以内に発行されたものが必要となります。

本籍のある役所へ問い合わせ郵送してもらうことも可能です。郵便送料、戸籍謄本発行手数料が必要です。

本籍地のある市区町村によってはマイナンバーを利用して近くのコンビニで取得することも可能です。ご自身の本籍地のある市区町村で確認ください。

年金分割の為の情報通知書を年金事務所に申請する際にも戸籍謄本が必要です。携帯電話の契約者名義変更等にも戸籍謄本が必要になる事もありますので事前に調べてまとめて取り寄せると手間が省けます。提出先により何か月以内に取った戸籍謄本が必要など期限があります。

 

 

 

 

収入印紙1250円分

郵便局や法務局、金券ショップ、郵便切手類販売所(取り扱ってるコンビニ等)で購入できます。

 

 

 

連絡用の郵便切手

申し立てをする家庭裁判所に確認。

 

 

 

年金分割のための情報通知書

年金分割割合についての申立てが含まれている場合。年金制度ごとに必要となります。発行日から1年以内のもの)。

管轄する住所の年金事務所で発行してもらいます。必要な書類は以下になります。

年金分割のための情報提供請求書

・請求者の年金手帳または基礎年金番号通知書

・戸籍謄本(全部事項証明書)

 

年金分割のための情報提供請求書」は年金事務所で入手できます。また、日本年金機構のwebサイトから自分でダウンロードすることもできます。相手配偶者の年金手帳はなくても大丈夫です。管轄する住所の年金事務所に提出します。日本年金機構

郵送の場合は切手を貼った返信用の封筒も用意します。通常請求してから手元にくるまで3~4週間かかります戸籍謄本の取り寄せもありますので計画を立てて取り寄せしましょう。私の場合郵送で3週間ほどでした。

 

 

全ての書類は自分用にコピーをとり手元に残しファイルにしました。

書類は家庭裁判所へ郵送で送ることも可能です。私の場合は1か月ほどで調停呼び出しの書類が届き、申し立て書類を郵送してから調停までは2か月程かかりました。

申し立ては相手側の住所管轄の家庭裁判所ですが、実家に逃げモラハラ夫の住所地と距離がある場合等は最寄りの裁判所からリモートや電話での調停も可能だと聞いたことがありますので問い合わせてみると良いと思います。

 

離婚まで日数がかかりそうな場合は家事費用分担請求の調停申し立てもされると良いかと思います。相手方の収入が多い場合は生活費の請求ができます、こちらも調停調書として残すと相手が支払ってくれない場合は法的手続きで生活費を支払ってもらうことができます。

 

 

以上が私が離婚調停申し立て手順になります。新情報入り次第更新したいと思います。

 

 

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

 

 

 

自分に都合の良いストーリーを作り出すモラハラ夫

f:id:getahappylife:20210927080300j:plain

モラハラ夫は自分に都合の良いストーリーを作り出す

 

自分に都合の良いストーリーを作り出すモラハラ

 

モラハラ夫の特徴に平気で嘘をつくというのがあります。

 

この嘘をつくという行為、モラハラ夫は毒親育ちだったので小さい頃に毒親から身を守るために日常的に嘘をつくことが身についてたのではないかと私は考えていました。

毒親からいつも怒られたり、嫌味を言われたり、小さい頃は虐待を受けた事もあるそうです。

 

私も義母から何度も言われた話。私の子供たちが義母の作った料理をあまり食べなかった時の事、

「小さい子がご飯を食べないのはお菓子を食べすぎてるからや!私も子供らがご飯食べんで良くお箸折ったったわ!」

 

初めにその話を聞いた時は衝撃的でした。

心の中で「それって虐待じゃぁないんですか?」って思ってました。

それを恥ずかしげもなく何度も話すなんてやっぱりおかしいですよね。

 

小さい子供相手に、ご飯を食べないとその子のお箸を折るって…そしてそのお菓子を与えたのはあなたではなかったのですか?…

それに私の子供たちはお菓子を食べたわけでもない、いつもと違う料理に戸惑ってあまり食べないだけ、小さい子供ならあることではないでしょうか。

それをお菓子を食べたせいだと決めつけて、いつもそんな事言われてました。

 

義母は常に誰かの文句を言ってる人…

 

義父はと言うと普段は大人しいんですが、私の子供が2歳と4歳の頃に義実家で兄弟げんかを始めた事がありました。その時に妹の方を「やめろ!」と怒鳴ってつかみ上げ玄関の方へ連れて行ったんです。私も子供達も凄くびっくりして、兄弟喧嘩は治まったんですが、2歳の子供にやめろと怒鳴って恐怖を与え喧嘩を止めさせるところに違和感を感じました。

普通ならまずは喧嘩を制止して喧嘩の内容について何がいけなかったか言い聞かせると思うんですが、違うんですね。

義母の言葉は「早くおじいちゃんに誤りや!」でした。2歳の子供にですよ…

 

この義父にモラハラ夫は虐待を受けていたと言います。(内容については今回は控えておきます)だから今でも義父とは口をきかないと言ってます。

確かに年に1,2回程しか義実家に帰りませんがその時もほとんど義父とモラハラ夫の間では会話はありませんでした。

 

 

そんな義両親に育てられたモラハラ夫は普段から常に人は自分を攻撃してくると無意識のうちに考えるようになったのかもしれません。

なので私の言動にも理解できない反応をすることがありました。

 

 

「何故俺のいない時だけ美味しい料理を作るんだ!」

たまたま思いついた料理を作っただけで、どうしてこれが特別美味しい料理なんだろう…

「なんで文句ばっかり言うんや!」

文句じゃなく、日常のあった事実を話してるだけでどうして文句ととらえるのか全く理解できない。そんなこと言われたら何も話せなくなる。

 

 

私の言葉、行動が自分を非難して行ってるもの、または嫌がらせをしようとして行ってるものと考えてる様子でした。何気無い言葉に反応し文句を言ってくる。

私には元々誰かを攻撃するような意識は全く持ってないので最初は何故そうなるのか全く理解できませんでした。

 

嘘をつく、自分の都合の良いストーリーを作り出のも、そんな虐待から身を守るために身に付いた術かもしれません。

 

私の頭に物をぶつけたのは

「あいつの過呼吸を防ぐため」

 

10万ちかくの飲み代のカード請求が払えなかった時は

「会社の交際費でおちると思っていた」

 

子どもがモラハラ夫に懐かないのは

「俺がいない時にお前が悪口を言って子供を洗脳している」

 

 

私はモラハラ夫の発言に違和感を感じながらも、信じたいと思う気持ちからモラハラ夫の嘘に目を背けてたのかもしれません。

そしてこちらが誠実に接していればいつか、「俺は何をしていただんだ…」と心を入れ替え家族の事を想い行動してくれる時がくるのではないかと考えていました。

でも、その日は来ることはありませんでした。

 

 

モラハラ夫の日々の暴言はなくなる事はなく、家族もそれを恐れ皆が揃う夕食時には誰も口を開かなくなりました。

今度はモラハラ夫はその状態を「俺は家族から集団で無視されている」と言うようになります。そしてその無視されている状態を止めさせるため今度は必要な生活費を渡さなくなりました。

生活費を渡さないことで家族をコントロールしようとするようになったのです。

「言うことをきけばお金を渡してやる」というつもりだったようです。

 

それにより人が自分から離れていくとは思いもしなかったのでしょうか…

誰かと仲良くしたいなら、自分が居心地の良い人間になろうとは何故考えなかったのでしょう…

 

コミュニケーションがとれない。

育ちのせいもあるかもしれませんが、人の心を持っていれば自分の両親はどこかおかしい、自分は人を不幸にするような事はしたくないと毒親を反面教師にもできたはず。

 

生い立ちに同情はしますが、学校、友達、職場で生活する中で気付ける機会も沢山あったはず。家庭だけでなくどこにいっても人間関係が上手くいかなかったのは自分を押し通してきたせいでしょう。

 

離婚後の残りの人生

モラハラ夫は周りに人が集まる良い人間、居心地の良い人間に変わる努力をしてほしいです。沢山の人に愛される人間に変われたら、私達親子に執着する事もなくなるのではないでしょうか…

私達親子も人が集まるモラハラ夫を見たら、安心して近くに行けるかもしれません。

モラハラ夫の心が満たされるにはモラハラ夫自身が変わるしか道はないと思います。

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング

人混みの中を自分のペースで歩き振り向きもしないモラハラ夫

f:id:getahappylife:20210922063212j:plain

自分のペースで歩くモラハラ

 

モラハラ夫と繁華街を歩いた時は見失わないようについていくのが大変でした。

 

小さい子供3人を私が連れ(1人は抱っこ紐、1人はベビーカー、1人はベビーカーの持ち手を持って歩かせるかベビーカーのステップに乗せる状態)モラハラ夫が行きたい方へどんどん歩いていくのを追いかける感じになります。

しかもモラハラ夫は人混みが嫌いゆっくり歩くのも嫌いなので、どんどん人の合間を縫って前へ前へと行こうとします。

ここではぐれると怒鳴られるので見失わないように私は必死で小さな子供は小走りでついていきます。

一人くらい子供の手を引くなり抱っこするなりしてくれたらいいのに、私たちの事はお構いなしでついてきてるか確認するため後ろを向くこともありません。

モラハラ夫はどんどん人の前人の前に入っていき、追いかけようとすると人混みにさえぎられたりします。

それを更に横から回って前に行くモラハラ夫を追いかけます、本当に追いかけるだけで必死です。

 

しかも、こんなに小さい子供ばかりで誰も繁華街など楽しめないのに、

「家族で一緒にでかけるぞ」と連れていかれてました。

ここで「行きたくないから1人で行って」とか

「子供は楽しめないから」と言うと、

また怒り出し何日も無視が続くのが予想できるので、私も仕方なくついていきました。

 

その前を歩いていくモラハラ夫の後ろ姿、今思い出しても腹が立ちます。

一緒に行動する相手の事なんて考えない。

思い通りに動かないと「早よせえや!」と怒鳴る。

ホントに最低でした。

 

きっと普通の人は「何故そんなの言いなりになってたん?」って思うかもしれません。

逆らうと怒鳴られたり長期にわたり無視されたり、嫌がらせされたり、それが小さな家庭の中で起こり、誰にも気づかれず誰にも助けてもらえない。

毎日毎日緊張状態が続く、そうしているうちに逆らわない方が身のためだって人間そうなってしまうんです。

だんだんと何を考えても何をやっても無駄だって思い、生きる気力も失い、感情もなくし「生きてるだけ」の状態になります。

 

私が良く使う言葉、「生きてるだけ」…

モラハラを受け続けると被害者は生きる希望も感情もなくしただ生きてるだけの状態に陥ります。こうなると末期ですね。

私はここで公的機関に助けを求め自分がモラハラを受けてる事に気が付き、そこから抜け出すことができました。

でも夫婦関係のルールが歪んでいき、毎日続くモラハラに洗脳され気づけないで毎日我慢してる人も多いのではないでしょうか。

ここでは気付きを得てください。パートナーと一緒にいて生きづらいと感じたらそれは我慢する必要がないかもしれません。

 

こちらの記事も合わせて読んでください。

 

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

getahappylife.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加してます。

↓↓応援クリック宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラランキング